きのこのへや

■きのう、何読んだ?■
読んだものを節操なく残しておくページ
最新記事を表示リスト検索
2016年
06月



16日
16日
09日
05日
テイラー「科学的管理法」
メイヨー「産業文明における人間問題」
上田閑照(2000)私とは何か.岩波新書
米原 万里 (2009)「打ちのめされるようなすごい本 」(文春文庫)
2015年
02月

25日
24日
岸本斉史「NARUTO-ナルト-」(集英社)
ハクスリー「すばらしい新世界」(光文社古典新訳)その2
01月
22日
オルダス・ハクスリー「すばらしい新世界」(光文社古典新訳文庫)
2014年
12月


21日
21日
20日
ジャン・リュック・ナンシー(2008/2009)「小さな講演会1:恋愛について」新評論
梨木香歩(2014)海うそ 岩波書店
梨木香歩(2004)ぐるりのこと 新潮文庫
11月

26日
23日
ポオ(2006)「黄金虫・アッシャー家の崩壊」岩波文庫
ウィニコット, D. W. (1971/1987)子どもの治療相談´◆ヾ篋螻惱兔佝納
01月
05日
「現象学と解釈学」 新田義弘 (ちくま学芸文庫)
2013年
12月
31日
★2月以降のブランク
02月



20日
04日
03日
01日
「図書館戦争」 有川浩 (角川文庫)
「暗黒館の殺人」綾辻行人(講談社文庫)
「プリンセス・トヨトミ」万城目学(文春文庫)
「阪急電車」有川浩(幻冬舎文庫)
01月




20日
12日
12日
06日
05日
「クラバート」(上下)プロイスラー(偕成社文庫)
「ウエズレーの国」 ポール・フライシュマン文, ケビン・ホークス絵 (あすなろ書房)
「ふしぎな木の実の料理法 (こそあどの森の物語 1)」岡田 淳 (理論社)
「少女には向かない職業」桜庭一樹(創元推理文庫)
「ちーちゃんは悠久の向こう」日日日(角川文庫 )
2012年
12月
06日
「火山のふもとで」松家仁之(新潮社)
09月
25日
「食べごしらえおままごと」石牟礼道子(中公文庫 )
07月
09日
「風の盆恋歌」 高橋治 (新潮文庫)
06月
30日
「被害者は誰?」 貫井徳郎 (講談社文庫)
2011年
12月


20日
15日
11日
「大密室」有栖川有栖・恩田陸ほか−その2 (新潮文庫)
ジャン=リュック・ナンシー「恋愛について」(新評論)
「大密室」有栖川有栖・恩田陸ほか (新潮文庫)
11月
14日
「鍵盤を駆ける手―社会学者による現象学的ジャズ・ピアノ入門」 D.サドナウ(新曜社)
09月


13日
02日
01日
「流れる」幸田 文 (新潮文庫)
「六の宮の姫君」北村薫 (創元推理文庫)
「黄泉がえり」 梶尾真治 (新潮文庫)
08月

30日
01日
「スキップ・ビート!」仲村佳樹 (花とゆめコミックス)
「姑獲鳥の夏」京極夏彦 (講談社文庫)
07月

26日
13日
「ナイチンゲールの沈黙」 海堂 尊 (宝島社文庫)
「麦ふみクーツェ」 いしいしんじ (新潮文庫)
04月

07日
03日
要チェックの本
「アルキメデスは手を汚さない」 小峰元 (講談社文庫)
03月

29日
28日
吉田篤弘「つむじ風食堂の夜」(ちくま文庫)
「トリツカレ男」いしいしんじ(新潮文庫)
02月




22日
21日
21日
20日
14日
「ニシノユキヒコの恋と冒険」 川上弘美 (新潮文庫)
「若かった日々」 レベッカ・ブラウン・柴田元幸(訳) (新潮文庫)
「恋する短歌」 佐藤真由美 (集英社文庫)
「パーク・ライフ」 吉田修一 (文春文庫)
「空気の教育」外山滋比古(ちくま文庫)
01月
15日
「初恋」 トゥルゲーネフ/沼野恭子訳 (光文社文庫)
2010年
10月



21日
03日
02日
01日
大出晃・坂本百大監訳「現代の科学哲学」(誠信書房)
門井慶喜「おさがしの本は」(光文社)
「告白」 湊かなえ (双葉文庫)
「荒地の恋」 ねじめ正一 (文春文庫)
09月


26日
20日
15日
伊澤雅子(文)平出衛(絵)「ノラネコの研究」(福音館)
池澤夏樹 「スティルライフ」 (中公文庫)
ケラー「奇跡の人:ヘレンケラー自伝」(新潮文庫)
08月
08日
「生物から見た世界」 ユクスキュル&クリサート (新思索社)
01月
07日
木村敏 「自己・あいだ・時間――現象学的精神病理学」 (ちくま学芸文庫)
2009年
12月



28日
28日
27日
27日
「木村敏著作集1――初期自己論・分裂病論――」 弘文堂
5章(診断)-機崚租的診断」(鈴木 茂) (臨床精神医学講座「精神分裂病機廖
「現象学と精神科学」 荻野恒一 (世界書院)
「こころのありか:分裂病の精神病理」 松本雅彦 (日本評論社)
09月

30日
25日
あんなおぢいさんが作ったのかと
顔を寄せ合ううた、二つ(大岡信「折々のうた」より)
07月
03日
「わたしの先生」 岩波書店編集部編 (岩波ジュニア新書)
06月



29日
12日
11日
10日
「花まんま」 朱川湊人 (文春文庫)
「結婚しなくていいですか。:すーちゃんの明日」 益田ミリ (幻冬社)
「もも日和 0・1・2歳」 松井文子 (メディアファクトリー)
「猫の品格」 青木るえか (文春新書)
05月
03日
「ひとがた流し」 北村薫 (新潮文庫)
04月


02日
02日
01日
【詩】石原吉郎 「花であること」
【俳句】炭太祇 ふらこゝの会釈こぼるゝや高みより
「望郷と海」 石原吉郎 (筑摩書房)
03月
01日
戦後60年<詩と批評>総展望
02月








12日
12日
12日
12日
12日
12日
12日
12日
12日
「イティ・ハーサ」 水樹和佳子
「『わたし』とはだれか ほか」 河合隼雄ほか(光村図書)
「ワニ ジャングルの憂鬱・草原の無関心」 梨木香歩・出久根育
「フレデリック」 レオ=レオニ
「モモ」 ミヒャエル・エンデ
「敬虔な幼子」 エドワード・ゴーリー
「だってだってのおばあさん」 さのようこ
「めざめれば魔女」 マーガレット・マーヒー
「くまの子ウーフ」 神沢利子・井上洋介
01月
20日
「新川和江全詩集」 新川和江 (花神社)
2008年
09月





29日
25日
24日
22日
20日
14日
「教室の空気を変える!授業導入100のアイデア」 上條晴夫 (たんぽぽ出版)
「ふしぎな石と魚の島」 椋鳩十 (ポプラ社)
「容疑者Xの献身」 東野圭吾 (文春文庫)
「発達障害の豊かな世界」 杉山登志郎 (日本評論社)
「最後の親鸞」 吉本隆明 (ちくま学芸文庫)
「授業の現象学」中田基昭 (東京大学出版会)
07月




19日
18日
09日
08日
07日
「一ツの脳髄」 小林秀雄 (新潮社:小林秀雄全集1より)
「傷口にはウォッカ」 大道珠貴 (講談社文庫)
「文豪ナビ『芥川龍之介』〜カリスマシェフは短編料理でショーブする」 (新潮文庫)
「ネコさまとぼく」 岩合光昭 (新潮文庫)
「孕むことば」 鴻巣友季子 (マガジンハウス)
06月

20日
18日
「くるねこ」 くるねこ大和 (エンターブレイン)
「オタマジャクシハンドブック」 松井正文・関慎太郎 (文一総合出版)
05月


07日
07日
04日
「『老い』とはなにか」 河合隼雄 (講談社+α文庫)
石田おさむ 「マンガ ユング深層心理学入門」 (講談社+α文庫)
「考える人」23号――特集「さようなら、こんにちは 河合隼雄さん」
04月

12日
07日
北村薫 「冬のオペラ」 (中公文庫)
前田重治 「図説 臨床精神分析学」 (誠信書房)
01月


14日
12日
12日
高楼方子 「十一月の扉」 (新潮文庫)
保坂展人 「続・いじめの光景:こころの暴力と戦う!」 (集英社文庫)
保坂展人 「いじめの光景」 (集英社文庫)
2007年
10月
09日
「月曜日の水玉模様」 加納朋子 (集英社文庫)
09月



20日
13日
02日
02日
「ニッポンの猫」 岩合光昭 (新潮社)
「もやしもん」 石川雅之 (講談社)
「光の帝国―常野物語」 恩田 陸 (集英社文庫)
「球形の季節」 恩田 陸 (新潮文庫)
08月



23日
22日
18日
12日
「雨やどりはすべり台の下で」 岡田 淳 (偕成社文庫)
「黒鳥〜ブラック・スワン〜」 山岸涼子 (白泉社文庫)
「ふしぎな笛ふき猫〜民話・『かげゆどんのねこ』より〜」 文・北村薫 絵・山口マオ (教育画劇)
【映画】「ガス燈」
07月

22日
19日
「自虐の詩」 業田義家 (竹書房)
「明恵 夢を生きる」 河合隼雄 (講談社+α文庫)
06月





27日
19日
17日
10日
07日
07日
「術語集」 中村雄二郎 (岩波新書)
「生物学個人授業」南伸坊×岡田節人 (新潮文庫)
「科学哲学入門:科学の方法・科学の目的」 内井惣七 (世界思想社) 
「ルバイヤート」 オマル・ハイヤーム (岩波文庫)
「『からだ』と『ことば』のレッスン」 竹内敏晴 (講談社現代新書)
「間の取れる人間抜けな人:人付き合いが楽になる」 森田雄三 (祥伝社新書)
05月


31日
27日
02日
「哲学者エディプス−ヨーロッパ的哲学の根源−」 ジャン・クロード・グー (法政大学出版会)
「生物と非生物のあいだ」 福岡伸一 (講談社現代新書)
「ネコを撮る」 岩合光昭 (朝日新書)
02月

12日
10日
「学童保育:子どもたちの生活の場」 下浦忠治 (岩波ブックレット)
「いわいさんちへようこそ!」 岩井俊雄 (紀伊国屋書店)
01月




22日
22日
20日
14日
07日
「『ゲド戦記』の世界」 清水真砂子(岩波ブックレット)
「さくらん」 安野モヨコ (講談社)
「はてしない物語」 ミヒャエル・エンデ (岩波書店)
「ひかりごけ」 武田泰淳 (新潮文庫)
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」上・下 J・K・ローリング (静山社) 
2006年
12月


28日
26日
18日
「顔」 横山秀夫 (徳間書店)
「冬のオペラ」 北村 薫 (中公文庫)
シリーズ現代思想の冒険者たち「ベンヤミン:破壊・収集・記憶」 三島憲一 (講談社)
11月



23日
20日
12日
11日
「ディエンビエンフー」 西島大介 (角川書店)
「そうだ、村上さんに聞いてみよう」 村上春樹&安西水丸 (朝日新聞社)
「クマムシ?!」 鈴木 忠 (岩波科学ライブラリ)
「裏庭」 梨木香歩 (新潮文庫)
09月









23日
17日
17日
14日
12日
10日
09日
08日
06日
05日
「花のレクイエム」 辻邦生×山本容子 (新潮文庫)
「小川未明童話集」 小川未明 (新潮文庫)
「神戸在住」 木村 紺 (アフタヌーンKC)
【映画】キリクと魔女
「葬られたる秘密」 小泉八雲
【映画】スウィング・ガールズ
「魚の憂鬱」 薄田泣菫
【映画】「サマリア」 (監督:キム・ギドク・2004年)
「食卓の向こう側〈3〉給食 未来をひらく」 西日本新聞社「食 くらし」取材班 編著 (西日本新聞社)
「古今和歌集」 (岩波文庫)
08月
26日
「教育研究のメソドロジー:学校参加型マインドのいざない」 秋田喜代美・恒吉僚子・佐藤 学 編 (東京大学出版会)
06月



25日
17日
09日
04日
「ささら さや」 加納朋子 (冬幻社文庫)
「精神のコスモロジーへ」 ミンコフスキー (人文書院)
「修禅寺物語」 岡本綺堂 
「長江」 加藤幸子 (新潮社)
05月





27日
26日
24日
22日
21日
08日
「手紙、栞を添えて」 辻 邦生×水村美苗 (朝日文庫)
「秋の花」 北村 薫 (創元推理文庫)
「六の宮の姫君」 北村 薫 (創元推理文庫)
「自閉症とことばの成り立ち」 小林隆二 (ミネルヴァ書房)
「実験動作学:からだを動かすこころの仕組み」 成瀬悟策 (現代のエスプリ別冊)
「精神病理学とは何だろうか」松本雅彦(星和書店)
04月


17日
07日
02日
「村田エフェンディ滞土録」 梨木香歩 (角川書店)
「ぐるりのこと」梨木香歩(新潮社)
「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウン (角川文庫)
03月

24日
17日
「病因論研究−心身相関の医学−」(ヴァイツゼッカー)
「神戸在住」
02月




26日
20日
17日
15日
14日
「女子中学生の小さな大発見」清邦彦 (新潮文庫)
「気分は小学生」斎藤次郎 (岩波書店)
「発想の航跡」神田橋條治 (岩崎学術出版社)
「そらトびタマシイ」五十嵐大介(講談社アフターヌーンKC)
「博士の愛した数式」小川洋子(新潮文庫)
01月




22日
14日
09日
06日
03日
「赤冊子」服部土芳(ワイド版・岩波文庫)
「赤冊子」服部土芳
「白夜行」 東野圭吾 (集英社文庫)
「夕凪の街 桜の国」 こうの史代 (双葉社)
「意識と本質:精神的東洋を索めて」井筒俊彦 (岩波文庫)
2005年
07月
01日
キッチン・ストーリー(映画)
06月

30日
30日
映画「サロメ」カルロス・サウラ
「薬指の標本」小川洋子 (新潮文庫)
05月

22日
03日
「西の魔女が死んだ」 梨木香歩 (新潮文庫・他)
「父の暦」谷口ジロー
04月

25日
20日
「プレコックス感」 リュムケ
「味と雰囲気」テレンバッハ (みすず書房)
02月
10日
「偶然の祝福」小川洋子 (角川文庫)
01月

29日
05日
「山伏地蔵坊の放浪」有栖川有栖 (創元推理文庫)
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上下)」ローリング (静山社)
2004年
12月



30日
26日
20日
10日
「蟲師」 銑ゴ 漆原友紀(アフタヌーンKC)
「フィラメント」漆原友紀 (アフタヌーンKC)
「神療法面接のコツ」神田橋條治
「生物から見た世界」ユクスキュル
2003年
10月




26日
22日
17日
10日
03日
「〈機能〉から〈様相〉へ」原広司
AERAMOOK「教育学がわかる」(朝日新聞社)
「帽子」吉村昭
「十二国記」小野不由美 (講談社X文庫)
「すべてがFになる」森博嗣 (講談社文庫)
09月
20日
『ビタミンF』 重松清 (新潮文庫)
07月
20日
「風土」和辻哲郎 (岩波文庫)
2002年
03月
10日
「『「いき』の構造」 九鬼周造
02月






30日
25日
24日
23日
22日
18日
10日
「神の子どもたちはみな踊る」 村上春樹
「増補〈私〉探しゲーム」 上野千鶴子
「大正時代の身の上相談」 カタログハウス
「ヒカルの碁」 ほったゆみ・小畑健
映画バンパイアハンターD
「自分の心から読む臨床心理学」 丹野義彦・坂本真士
「屍鬼」(小野不由美):
01月



04日
03日
02日
01日
「はてしない物語」 ミヒャエル・エンデ
「舞姫通信」 重松清
「もし世界が100人の村だったら」
「どんぐりの家」 山本おさむ
2001年
12月








23日
22日
22日
17日
14日
11日
10日
07日
05日
「マンガ李白・杜甫の思想」 蔡志中・和田武司
「やさしいあくま」 326
「ほんの本棚」 いしいひさいち
「家族の中の迷子たち」 鈴木雅子・椎名篤子
「海潮音」 上田敏 (新潮文庫)
映画「異人たちとの夏」
「父の暦」 谷口ジロー
「風の琴」 辻邦生
「クリティカル進化論(シンカー)」 秋月りす et al
11月


15日
10日
07日
「やさしさの精神病理」 大平 健
十二国記シリーズ「華胥の夢」 小野不由美 (講談社ホワイトハート)
「バナバとエビと私たち」 出雲公三
10月

21日
18日
AERAMook【死生学がわかる。】
社会心理学セレクション“恋ごころの心理学”
05月






01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
「図説精神医学入門」 カトナ、ロバートソン
「大学生のための精神医学」 高橋俊彦・近藤三男
「やさしい精神医学」 西丸四方
「カタログ現場心理学」 やまだようこ・サトウタツヤ・南博文ほか
「心療内科」 池見酉次郎
「神経内科に来る人々」
「癒しを学ぶ500冊」 朝日新聞社
04月



01日
01日
01日
01日
「自閉症の関係障害臨床」 小林隆児
「自閉症児の初期発達」 山上雅子
「我,自閉症に生まれて」 テンプル・グランディン
「火星の人類学者」 オリヴァー・サックス
03月






01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
「『凍りついた瞳』が見つめるもの」椎名篤子 (集英社文庫)
「親になるほど難しいことはない」 椎名篤子
「依存と虐待」(こころの科学)
「アダルトチルドレン」 西山明
「家族『外』家族」 椎名篤子
「はみだしっ子」 三原 順
「愛を乞う人」 曽根冨美子
02月





01日
01日
01日
01日
01日
01日
「学級の心理学〜より良い学級を目指して〜」 和田和孝
「子どもを育む授業づくり」 秋田喜代美
「学級崩壊」 朝日新聞社会部
「学校は変わったか」 保坂展人 (集英社文庫)
「異文化としての子ども」 本田和子
「大人問題」 五味太郎
01月





01日
01日
01日
01日
01日
01日
『死ぬ瞬間』:キュブラー・ロス
「からだとことばのレッスン」 竹内敏晴 
「ことばとからだの戦後史」 竹内敏晴
「身体の文学史」 養老孟司 (新潮文庫)
「ことばが劈かれるとき」 竹内敏晴
「ピアジェとワロン」 浜田寿美男
2000年
12月


01日
01日
01日
「猥談〜近代日本の下半身〜」 赤松啓介×上野千鶴子
「宮本常一を歩く」 毛利甚八
「忘れられた日本人」 宮本常一
11月









01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
「コミック学の見かた。」(AERAmook:朝日新聞社)
「漫画はなぜ面白いのか その表現と文法」 夏目房之介
「恋愛は少女マンガで教わった」 横森理香
「紅一点論」 斎藤美奈子
「漫画学のススメ」 日下翠
「風と木の詩」 竹宮恵子
「哲也」第21巻 さいふうめい&星野泰視
「耳をすませば」 柊あおい
『いつもポケットにショパン 1・2・3』 くらもちふさこ
「四月怪談」 大島弓子
10月



01日
01日
01日
01日
「解剖学個人授業」 南伸坊×養老孟司 (新潮文庫)
「生物学個人授業」 生徒:南伸坊×先生:岡田節人 (新潮文庫)
「牧野富太郎」渋谷章
「免疫学個人授業」 生徒:南伸坊×先生:多田富雄
09月




01日
01日
01日
01日
01日
「七つの人形の恋物語」ポール・ギャリコ
「薄紅天女」(荻原規子)
「白鳥異伝」(荻原規子)
「裏庭」梨木香歩
「こわれた腕環」ル・グウィン
08月


01日
01日
01日
「ブッダの夢」(中沢新一×河合隼雄)
「老人力」(赤瀬川源平)
「ファンダメンタルなふたり」中沢新一×山田詠美
07月














01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
01日
「鳥頭紀行ぜんぶ」」 西原理恵子
「平成お徒歩日記」(宮部みゆき)
「氷点」(三浦綾子)
恩田陸『光の帝国〜常野物語〜』
「しかけ絵本の作り方」(ジェーン・アービン)
「なんとなく、クリスタル」(田中康夫)
江國香織「つめたいよるに」
「少年アリス」(長野まゆみ)
「小悪魔アザゼル18の物語」(アシモフ)
「100年の孤独」(ガルシア・マルケス)
「天使禁猟区」
「コンセント」 田口ランディ
恩田陸「六番目の小夜子」
「父と暮らせば」 井上ひさし
伊勢英子「ぶぅ」

DiaryCGI nicky!